【シュフカリ】専業主婦カードローン審査まとめ−即日借入OK!

カードローンおすすめ銀行は?主婦審査通る!【スマホ即日】

アコム
アコムデータ
公式ボタン

 

カードローンは主婦にもおすすめです!

a65

主婦というのは、毎日お金とにらめっこして生活している生き物なんだな~と最近つくづく思いますね。

そう思いませんか?

わたしは、今、専業主婦をしていて夫のお給料だけで生活しているんですが、どうしても今月はピーンチ!!って時があります。

私も早く働きに出たいんですが、今は現実問題働けない状況です。。。

生活費で困った時、思わぬ出費が急に出来た時、そしてたまには自分へのご褒美に何かを買いたい時(笑)

そんな、お金が足りないという時に、私が助けてもらうのは、カードローンです!!

カードローンを上手に利用すれば、意外と便利なものなんですよ。

金利も昔ほど高くもないです。

カードローンには、専業主婦が借りられるカードローンと借りられないカードローンがあるのはご存知ですか?

私でも借りられる専業主婦OKのカードローンは、銀行カードローンになります!

ところで、銀行カードローンと消費者金融のカードローンの違いはなんなんでしょうか?

どのように違うのかというお話も詳しくしたいと思います。

そして、主婦がカードローン会社を選ぶ時のポイントはなんでしょうか?おすすめのカードローンは?

私が利用してよかったカードローン会社をいくつか紹介していこうと思います!

公式ボタン

 

主婦にもおすすめのカードローンは?

a66

アコムカードローンの特徴を徹底分析!

無利息キャッシングが大人気だからおすすめ!

最近の消費者金融のサービスとして定番となっているのが、無利息キャッシングです。

これは、ある一定期間の借り入れに対して、まったく利息が発生しないというサービスで、もちろんアコムでもサービスを提供しています。

アコムでは、新規で契約した翌日から30日間の利息が0円になるので、たとえば次の給料日まで10万円を借りて給料日が出たら完済してしまう、といった使い方もおすすめです。

また、クレジットカードや流通系カードなどと違い、アコムでは顧客サービスとして、取引期間や実績に応じて、最初に設定した金利を低くしてくれます。

もちろん、支払いに遅れたりしたら信用を落としてしまいますが、返済日をきちんと守っていればこうしたサービスが受けられますし、利用可能額を上げてくれることもあります。

アコムも即日審査、即日融資に対応だからおすすめ!

アコムの審査スピードは、消費者金融の中でもトップクラスの早さと評判です。

申し込み者の少ない平日であれば、申し込みから最短30分で審査が完了し、そのまま契約手続きに移ります。

契約手続きで、カードローン審査に落ちる理由(保険証や身分証明証の相違など)がなければ、指定の銀行口座に希望額を振り込んでもらうことも可能です。
(※銀行の営業時間内に契約手続きが終了していることが前提となります)

銀行カードローンの審査には落ちてしまった、借り入れができるまでの時間を重視する、といった方にはアコムのカードローンは最適と言えるでしょう。

アコム
アコムデータ
公式ボタン

 

 

みずほ銀行カードローンを調査!金利低い?

トップクラスの低金利!高額借り入れでも安心だからおすすめ!

銀行カードローンの融資サービスは各行で行なわれていますが、中でもトップクラスの低金利で人気を集めているのが「みずほ銀行カードローン」です。

みずほ銀行カードローンは、年利が3.0~14.0%という低金利が最大の特徴で、借り入れ額が多くなればなるほどこの金利は下がっていきます。

借り入れ可能額の下限は10万円となっていますが、この時の金利が最高金利の14.0%となり、100万円以上~200万円未満の借り入れで12.0%となっています。

借り入れ額が500万円を超えると、年利は5.0%にまで下がり、最高融資額の1,000万円では4.0%まで低くなります。

こうした融資サービスの審査を、みずほ銀行では「即日審査」で対応しています。

申し込み者が多い日は審査時間が掛かりますが、そうでない場合は、借り入れを申込んだ当日に審査結果を出してくれます。

キャッシュカードにローン機能を付与できるからおすすめ!

みずほ銀行に普通預金口座を持っている人であれば、みずほ銀行カードローンの審査に通ったら、普通預金口座のキャッシュカードにローン機能を付与できます。

これによって、キャッシュカードを増やすことなく取引ができるほか、毎月の返済もこの口座からの引き落としででき、なにかと便利です。

また、インターネットバンキングにも申し込めば、携帯やスマートフォンからも借り入れ、返済ができるので、その利便性は数段上がります。

年収が少ないことがカードローン審査に落ちる理由でもありますが、他社から借り入れ額が少ない方でしたら、審査に通る可能性は十分にあります。

まずは、年収が多い人も少ない人も、みずほ銀行カードローンに申し込んでみましょう!

みずほ銀行カードローン
みずほ銀行カードローンデータ
公式ボタン

 

モビットを徹底調査!銀行系カードローンって?

銀行が運営しているからおすすめ?

テレビコマーシャルでもおなじみの金融サービス「モビット」。

三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行が運営しているこの会社は、銀行カードローンサービスではなく、消費者金融なんです。したがって、金利の面では銀行カードローンのように安くはありませんが、他の消費者金融にはないメリットがあります。

まず、銀行系の会社の消費者金融ということで、イメージはかなりいいですし、カードのデザインは銀行のキャッシュカードとそっくりです。

モビットのカードであれば、家族や会社の人にバレる可能性は低いですし、自分自身の安心感も違ってくるでしょう。

また、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に普通預金口座を持っていれば、パソコンや携帯電話、スマートフォンを使ってカンタンに振り込みキャッシングができますし、口座振替による返済も可能です。

審査がとにかく簡素化されてスピーディーだからおすすめ!

モビットの申し込みはインターネットからできますが、契約手続きや借入金の振り込みも、同じくネットで完結します。

特筆なのは、ネットから最低限の審査に必要な項目を入力すれば、たった10秒で融資が可能か、簡易審査をしてくれることです。

この審査で融資可能と出たら、それ以降も残りの項目をネット経由で入力できますし、電話サポートで手続きを進めることもできます。

申し込む前に、「10秒審査」を試してみたからといって、カードローン審査に落ちる理由にはならないので、モビットのサイトにアクセスして、自分が融資を受けられるかどうかお試ししてはいかがでしょうか。

モビット

モビットデータ

公式ボタン

 

カードローン審査に落ちる理由を知ろう!審査に通るコツ!

a67

カードローン審査に落ちた人の共通点とは?

カードローンは審査に落ちた時、その金融会社に理由を訪ねても「当社の規定により、今回はお取引を見送らせていただきました」などと、明確な理由を伝えられないのが困ります。

理由が分かれば次に申し込むカードローンの審査対策ができますし、自分に何かミスがあったかということも分かります。

でも、実際にカードローンに申し込んで、落ちた人の声を集めて分析してみたところ、「カードローン審査に落ちる理由」というのが、ある程度はっきり見えてきました。

それは主に

・年収と他社からの借り入れのバランス
・過去、現在の信用問題
・申し込みページの入力ミス

です。

銀行以外は他社からの借り入れ限度額がある?

銀行以外の金融会社は、総量規制という規定で、年収の3分の1までしか個人に融資してはいけないことになっています。

つまり、年収300万円の人が借りられる金額は100万円です。

この金額は1社からの金額ではなく、全部の金融会社からの借り入れ額の合計です。

借り入れ申し込み時にこの割合を超えていたら、間違いなくカードローン審査に落ちる理由になりますし、限りなく年収の3分の1の額に達していても審査に落ちるケースが多いようです。

ですから、専業主婦の方は銀行カードローンでの借り入れがおすすめなのです!

個人の信用情報とは?

現在、借り入れをしている金融会社とその金額、過去に取引をしていたクレジットカード会社などでの支払い延滞履歴、自己破産、任意整理といった情報は、信用情報機関が一括で管理しています。

金融会社は、個人から借り入れの申し込みがあると、この信用情報機関にこうした情報を確認して申し込み者の信用度をチェックします。

自己破産、任意整理といった情報は、もちろん、カードローン審査に落ちる理由になりますし、支払いの延滞事実も信用度をぐっと下げてしまう事実になっているようです。

意外に多い?申し込みページの入力ミス

インターネットから借り入れの申し込みができる金融会社の申し込みページは、住所や数字などが入力しやすいようになっていて、正しい情報を入力できるようになっています。

しかし、ケアレスミスというのは誰にでもあるものですが、これが意外とカードローン審査に落ちる理由になっていることがあるんです。

たとえば、他社からの借り入れ額。

入力した金額が、実際の借り入れ金額より上だった時は問題ありませんが、少ない金額を入力してしまった場合は、審査担当者から「借り入れ金額を過少申告している」と判断されかねないです。

ほかにも、勤続年数なども後に提出する保険証と照合されるケースがあるので、とにかく申し込み内容は慎重に入力し、最後に間違いがないか念入りに確認することをおすすめします。

公式ボタン

 

金利が低いとその分審査は厳しくなる?

a68

審査の厳しさは金利の低さに比例する?【でも銀行系がおすすめ?】

金融会社の金利は、銀行が一番厳しく消費者金融が甘くなっています。

銀行は担保や保証人もとらずに金利を低くして融資しているので、その分申し込み者の年収や勤続年数、他社からの借り入れ額などしっかりとチェックしています。

しかし、逆に考えれば、基準を満たしている方にとって銀行カードローンは、普段のちょっとした出費やレジャー費から、住宅リフォームや資格取得費用、子供の教育費といったまとまった出費まで幅広くサポートできるマネーパートナーと言えます。

銀行カードローン審査に落ちる理由として挙げられるのは、

・収入が少ないのに、他社からの借り入れ額が多い
・勤続年数が短すぎる
・今まで、クレジットカードなどの支払い遅延をしたことがある

といった項目になります。

ただし、支払い遅延の過去は審査において致命的ですが、他の2項目は絶対条件ではありません。

小額の融資なら通る可能性もあります。

最低ラインとなる数字は明示されていないので、高額の借り入れでなければ銀行カードローンの審査に申し込んでみる価値はあるでしょう。

消費者金融は明確な基準がある?

これに対して、消費者金融では「総量規制」という法律で決められた基準で融資が行われています。

総量規制とは、個人に対する融資はその人の年収の3分の1以内と決めたもので、この金額は銀行を除くすべての金融会社からの借り入れが対象になります。

逆を考えれば、この総量規制さえ守っていれば、働いている方なら多少収入が低くても審査に通る可能性が高いということです。

ですので、パートやアルバイトで収入を得ている主婦の方にもおすすめのローンなのです。

よって、この項目以外の年収や勤続年数などに対しては、消費者金融は比較的甘めに審査をしているので、まずは基本的な基準を確認した後、銀行カードローンに借り入れを申し込んでみて、審査がNGになったら消費者金融に申し込んでみるのもいいでしょう。

公式ボタン

 

カードローンで審査落ち?総量規制との関係調査!

a69

年収が高くても審査に通らない消費者金融

消費者金融と銀行カードローン、同じ金融会社であっても消費者金融は総量規制の対象になっていて、銀行カードローンは対象になっていません。

これは何故かというと、ひと昔前までは消費者金融やクレジットカード会社が、利息制限法で決められた数値以上の金利を設定していた時期があり、多くの多重債務者を生み出していました。

その状況を是正するために改正されたのが貸金業法という法律で、その中で「個人に対する融資は、年収の3分の1まで」という総量規制が決められました。

この法律によって、年収が900万円もある人が300万円の借り入れをしていたら、たとえ返済能力があるとみなされても融資がOKになることはありません。

なので、パートなどで100万円ほどの年収がある主婦の方では、30万円ちょっとしか借りられないと言うことですね。

また、消費者金融や流通系カードローンなどでは、借り入れの目的を限定した高額ローンが多数あるので、それを利用している高収入の方が総量規制に引っ掛かって、他の金融会社から借り入れができないケースは意外と多いのです。

総量規制対象外の銀行カードローンは専業主婦におすすめ?

これに対して、銀行カードローンは総量規制の対象外なので、借入額が年収の3分の1以上になっていてもカードローン審査に落ちる理由にはなりません。

銀行の場合は、自社独自の基準で融資額を決められるので、既存の借り入れの目的がはっきりとしていて、年収が高く勤続年数も長い方であれば、最高で1,000万円も融資する銀行があります。

既に銀行以外の金融会社から借り入れがあって、こうした条件に当てはまる方でしたら、金利が圧倒的に低くなる銀行カードローンに借り入れを申し込んだり、借り換えをすることをおすすめします。

ですから、収入を得ていない専業主婦の方には、「個人に対する融資は年収の3分の1まで」という総量規制に関係がない銀行カードローンがおすすめなのです。

公式ボタン

 

カードローンは収入低いと審査に落ちる?【主婦おすすめは?】

a70

銀行カードローンは年収の高さを重視⇒専業主婦おすすめ?

年収の高さというのは、その人の返済能力に大きく影響するものです。

たとえば、他社から200万円の借り入れがある場合、年収が400万円の人と800万円の人とでは、年収に占める割合がぞれぞれ50%と25%と、大きな差が出てきます。

金融会社は、この年収に対する他社からの借り入れ額を基にして、借り入れ申し込み者の返済能力を計算するので、年収は高ければ高いほど好条件であると言えます。

この傾向は、借り入れ希望額が高くなれば顕著になり、消費者金融より高額の融資をする銀行カードローンのほうが審査において重視しているようです。

ただし、年収が高いのは一つの条件でしかなく、年収が低ければ必ず銀行カードローン審査に落ちる理由になるとは限りません。

他社からの借り入れ額がない人の場合は、融資してもきちんと返済してくれると判断されることもありますし、勤続年数が長いことが重なれば、この先も収入が安定するとして審査における好材料が増えます。

また、銀行カードローンは、旦那の年収は家計の年収という考えを持っているので、専業主婦の方でも借り入れができるようになっています。

さらに、兼業主婦の方で、正社員をしているなど収入がしっかりとある方は、消費者金融よりも金利が低い銀行カードローンで借りるのがおすすめです。

消費者金融は他社からの借り入れ額をより重視⇒兼業主婦の方おすすめ!

消費者金融の場合は、年収が高くても他社からの借り入れ額が多い場合は、法律で融資ができない場合があります。

金融会社の融資額を決める「総量規制」では、個人に対する融資は年収の3分の1までと決められているので、たとえ1,000万円ぐらいの年収があっても、銀行以外の金融会社からの借り入れ額が300万円を超えていたら、消費者金融からの借り入れは難しくなっています。

こうした場合でも、銀行カードローンの審査においては「返済能力あり」とみなされることがあるので、あきらめずに審査に申し込んでみてはいかがでしょうか。

消費者金融では、収入が高いか低いかというのはあまり重視しませんので、パートやアルバイトなど、働きに出ているけど収入は低めの主婦の方にもおすすめです!

公式ボタン

 

カードローン専業主婦は審査落ちる?【兼業主婦なら?】

a71

兼業主婦と専業主婦とで明暗が分かれる?【おすすめは?】

これまでに、何回も出てきていましたから、専業主婦の方におすすめのカードローンと兼業主婦の方におすすめのカードローンのことは大体ご理解いただけたかもしれませんが、もう一度こちらで整理しておこうと思います。

一番関係があることですからね!

まず、仕事に就いていて自分の収入を得ている兼業主婦の方でしたら、銀行カードローンも消費者金融カードも問題なく審査に申し込めます。

もちろん、最大融資額は年収の3分の1以内という制約はありますが、兼業主婦だからと言ってカードローン審査に落ちる理由にはなりません。

そして、雇用形態は正社員、派遣・契約社員だけでなく、パート、アルバイトでも問題ありません。

ただし、銀行カードローンは審査に厳しいので、年収が低くなるパートやアルバイトの方でしたら、審査に通っても利用限度額が低くなる可能性があります。

特に、金利が低い銀行カードローンからまとまった額の融資を受けたいと考えている方は、働く時間を延ばして収入を増やすか、他社からの借り入れ額を少なくしてから申し込むのがおすすめです。

また、水商売の方の場合、勤務日や時間が固定されていない人は、安定した仕事に就いていないとみなされることがあります。カードローン申し込み時だけでもいいので、安定した収入がある状況を作る方がいいでしょう。

個人の収入がない専業主婦は消費者金融NG!

残念ながら、ご主人の収入はあっても個人の収入がない専業主婦の方は、消費者金融カードローンの借り入れ申し込みができないケースがほとんどです。

当然のことですが、借り入れをするということは個人の収入がベースとなり、その収入から返済していかなくてはなりません。

専業主婦の方でカードローンの申し込みをしたい方は、まずはパートでもいいので仕事に就きましょう。

または、専業主婦の方なら、旦那の収入で申し込みが可能になっている銀行カードローンで借り入れを行うといいでしょう。

その時には自分名義のカードがきちんと作れるそうです。

自分はどちらで申し込む方がいいのかよく考えてから借りるようにしましょう。

公式ボタン

 

カードローンは派遣社員だと審査落ちする?【おすすめは?】

a72

雇用形態は審査そのものには影響なし!

金融会社の借り入れ申し込みでは、仕事に就いていて安定した収入があることが重要視されます。

したがって、審査が厳しい銀行カードローンでも、派遣社員であることがカードローン審査に落ちる理由にはなりません。

派遣社員の方は、雇用期間がきちんと決められていて、時給制で働いているワケですから、金融会社から見れば安定度は高く見られるようです。

正社員のようにボーナスはないので、派遣社員の方の年収は低いのが一般的ですが、他社からの借り入れが少なく、過去にクレジットカードなどで支払い遅延を起こしていなければ、低金利の銀行カードローンでも審査に通る確率は高いでしょう。

もし、派遣社員の方がまとまった額の借り入れを銀行からしたい場合は、派遣の仕事の後に別の仕事をすれば、月収、年収がアップして返済能力が高まるので、こうした方法も検討してみてはいかがでしょうか。

一方、消費者金融の審査は銀行より甘めなので審査に通ることだけ考えれば、消費者金融の方がいいですが、年収が低いと借り入れ額が法律に基づいて制限されるので、この場合も年収を高くする方法は有効と言えます

派遣社員の場合は収入の安定度が問題?

ひとくちに派遣社員と言っても、正社員と同じ条件で働いている人もいれば、派遣社員の方のように期間限定で働いている人もいます。

派遣社員の方でも、銀行カードローン、消費者金融ともに申し込みは可能ですが、2週間程度の短期間の雇用期間であったり、完全歩合制の仕事だったりすると、収入の面で不安定と見なされる可能性が高いので、カードローン審査に落ちる理由になってしまいます。

できるだけ長期の仕事に就いてから、カードローンの申し込みをすることをおすすめします。

公式ボタン

 

カードローンは無職でも借りられるの?【学生におすすめは?】

a73

アルバイト収入があれば、学生の申し込みもOK!

銀行カードローンも消費者金融のカードローンも、アルバイトについていて定収入があれば学生でも申し込みができ、実際に審査に通った人がたくさんいます。

消費者金融ならまだしも、審査の厳しい銀行カードローンに学生が通るのは意外かもしれませんが、基準を満たしていれば、学生という身分がカードローン審査に落ちる理由にはならないのが実状です。

ただし、どんなにアルバイトで毎月の収入が高くても、カードの利用限度額は低く抑えられてしまいます。

これは、学生の方はまだ社会に出て働いているわけでなく、学業優先のため収入の安定度は低いと判断されるから、ということが理由のようです。

消費者金融のほうが、銀行カードローンよりも利用可能額が高く設定される可能性はありますので、利息が低い銀行を選ぶか、それとも利用可能額が多い消費者金融を選ぶか慎重に考えたいものです。

無職の人は審査にほぼ通らない?【おすすめはナシ?】

金融会社の審査は、仕事に就いていて個人としての収入がある人が融資対象者となりますので、無職であるということはカードローン審査に落ちる理由になってしまいます。

したがって、専業主婦の方も含めて無職の方は、パートやアルバイトなどの仕事に就いてからカードローンの申し込みをしましょう。

または、専業主婦の方なら旦那の給料で審査を受けられる銀行カードローンに申し込んでもいいでしょう。

例外的なケースとして、毎月不動産(家賃)収入がある方や、年金収入がある方でしたら、消費者金融の審査に通ることがあります。

公式ボタン

 

銀行カードローンの特徴とは?調査しました!

a74

【おすすめ!】圧倒的な金利の低さ、支払う利息が安い!

金融会社からお金を借りたら、必ず待っているのが返済です。言うまでもありませんが、その返済には利子が含まれています。

高額の借り入れになれば、毎月支払う利子も多くなりますし、返済期間が長くなれば、利子の支払総額も高額になります。

したがって、借り入れ先はできるだけ金利が低い金融会社にしたいものです。

クレジットカードや消費者金融、流通系のカードローンの金利は、年利18%に設定されているのが一般的ですが、これよりも3~4%も低い金利で融資をしているのが、銀行カードローンです。

銀行カードローンを利用すれば、50万円程度の借り入れでも他の金融会社と比べると支払う利息の額が数万円も違ってきますし、これが高額の借り入れになると、その差が十万円単位、時には百万円単位で変わってくることすらあります。

審査は他の金融会社より厳しい?【主婦には不利?】

銀行カードローンは、低金利で融資をする代わりに、申し込み者の年収や他社からの借り入れ額、勤続年数や信用情報など、チェック項目が多いようです。

消費者金融の審査ではOKでも銀行カードローンではNGと、カードローン審査に落ちる理由やボーダーラインは厳しいのが現状です。

しかし、審査基準を満たしている方であれば、希望額通りの融資がされるケースが多いようですし、基準を満たしていない方でも他社からの借り入れ額が少なければ、利用可能額を低めに設定されて審査が通ることが多いようです。

低金利で借り入れができるのはとても魅力的なので、自分の状況が微妙と感じている方でも、まずは審査に申し込んでみましょう!

主婦に関して言えば、パート・アルバイトの方でも融資額は低くなる可能性はありますが、借入できる可能性はあるでしょう。

また、専業主婦の方は、収入がありませんので借りられないと思いますが、銀行カードローンの場合には、夫の収入を記入して審査を申し込むことが出来ますので、夫の収入が毎月きちんと安定して入っているのなら、融資を受けることが出来るでしょう。

ただその場合にでも、融資限度額は30万~50万円ほどで数百万円という高額は借りられないでしょう。

公式ボタン

 

銀行カードローンのメリットデメリットを分析!【借り換えにおすすめ?】

a75

自由な目的で使えるのがメリット!【おすすめポイント】

銀行カードローンは、10万円前後の低額融資から、銀行によっては最大1,000万円という高額融資まで、幅広く対応しているという点も特徴の一つです。

しかも、借り入れの目的は個人用であれば自由で、レジャーや生活費の補充、冠婚葬祭や教育資金など、どんな用途にも利用できます。

特におすすめなのは、他社から借り入れがある人の場合、金利の安い銀行カードローンから借り入れをして一括返済する「借り換え」です。

これによって、支払い利息は相当少なくなりますし、複数社からの借り入れがある方は返済日もひとまとめにできるので、とても大きなメリットがあると言えます。

他社からの借り換えは、ほとんどの銀行カードローンで推奨していて、借り換えする金額プラスアルファで借り入れもできるので、おまとめ専用ローンなどと比べて非常に使い勝手がいいのもポイントです。

事業目的では利用できないデメリットも?

ただし、銀行カードローンは、個人事業主や経営者の方が事業目的では利用できません。

ですのでもし主婦の方で、夫と一緒に経営しているお店などの事業資金のために使いたいという方がいたとしても、利用できないということです。

オフィスの移転、設備投資などをしたい場合は、銀行の事業ローンなどに申し込む必要があります。

また、銀行カードローンで高額の借り入れをすると、返済計画をしっかりと立ててその管理もしっかりとする必要があります。

カードローン審査に落ちる理由のひとつに、返済能力が足りていないことが挙げられますが、これはあくまでも収入や他社からの借り入れ額といった、数字だけの問題のこと。

後々、返済苦に陥らないためにも、申し込む前に毎月の支払額や返済期間など、しっかりとシミュレーションすることをおすすめします。

公式ボタン

 

銀行カードローン選びに迷ったら?【おすすめの選び方とは?】

a76

借り入れ希望額の金利で選ぶのがおすすめ!

クレジットカードや消費者金融などの金利は、初めて取引する時はどの会社でもあまり変わりありません。借り入れ額が多くなれば金利は低くなりますが、50万円前後の借り入れであれば、だいたい年利18%前後です。

しかし、銀行カードローンの場合は、同じ金額の借り入れで14%前後とかなり低く設定されています。

さらに、銀行間でも金利差があるのが銀行カードローンの特徴で、各行とも利用限度額によって金利を設定しています。

たとえば、みずほ銀行カードローンの場合、100万円以上~200万円未満の利用限度額の場合の年利は12.0%となっていて、同じ銀行カードローンのオリックス銀行だと14.8%と、同じ銀行ローンでも2.8%の差があります。

特に、高額の借り入れになると1%の金利差で支払い利息がかなり変わってくるので、この点は必ずチェックしましょう。

利用限度額で選ぶのがおすすめ!

銀行カードローンは、どのサービスも利用限度額が大きいのが特徴です。

もちろん、高額の借り入れ審査は誰でもカンタンに通過するものではなく、年収が高いことや他社からの借り入れが少ないといった条件を満たしていないと、カードローン審査に落ちる理由になってしまいますが、こうした基準をクリアしていれば、銀行も積極的に融資をします。

これは主婦にも言えることで、正社員などで働いていて収入が高い方は融資可能額は高くなるでしょう。

ですが、給料があまり高くないパートやアルバイトをしている主婦の方、収入が全然ない専業主婦の方は、融資限度額は多くても50万円ほどに抑えられてしまいます。

銀行カードローンの中でも、利用限度額が大きいのは「みずほ銀行カードローン」で、その額はなんと1,000万円となっています。

自宅のリフォーム、結婚式、留学、ケガや病気など、まとまったお金が必要になった時、非常に頼りになります。

ちなみに、みずほ銀行カードローンで1,000万円の借り入れをしたとき、その金利は4.0%となっています。

公式ボタン

消費者金融カードローン特徴は?金利&利便性を調査【おすすめ?】

a77

審査が早く即日の借り入れも可能だからおすすめ!

一方で、消費者金融はどんなところがおすすめなのでしょうか?

消費者金融の審査は、昔から早いのが当たり前でした。

最近ではあまり見かけなくなりましたが、消費者金融の営業所は街中にあり、対面で申し込み審査をしていたので、その場で審査結果が分かり、借り入れも手渡しで行なっていました。

その後、無人契約機の登場で消費者金融の申し込みはさらに便利になり、人目を気にしたり営業所に足を運んだりせずに、借り入れができる手段として定着しました。

そして今、消費者金融の借り入れはインターネット申し込みが主流になっています。

これによって、審査のスピードは無人契約機などよりは落ちたものの、当日申し込めばその日のうちに審査結果が分かるケースがほとんどで、銀行の営業時間に間に合えば、振り込みによる借り入れにも対応してくれる会社もあります。

審査が銀行カードローンより甘い?

消費者金融の審査は、銀行に比べるとかなり甘いです。

ですから、パートやアルバイト、派遣社員をされている主婦の方には審査が通りやすくおすすめだと言えます。

しかし一点だけ、消費者金融にはあって銀行にはない、カードローン審査に落ちる理由があります。

それは、他社からの借り入れ額です。

銀行以外の金融会社は、年収の3分の1までしか融資してはいけないという法律に基づいて営業しているので、たとえ申し込み者に返済能力があっても、この範囲を超えて他社からの借り入れがある場合は審査でNGになってしまいます。

消費者金融に借り入れを申込む場合は、まず他社からの借り入れ額を合計してみて、年収で割ってみましょう。

ちなみに、クレジットカードのキャッシングも含まれますので審査に申し込む前には十分に確認しておきましょう!

また、年収の3分の1までしか融資できないということで、消費者金融では収入のない専業主婦の方は借入が出来ないことになっているのですね。

専業主婦の方が融資を頼むなら、夫の収入を使って銀行カードローンで借りるようにすると良いでしょう。

公式ボタン

 

消費者金融カードローンのメリットデメリットは?【おすすめ点は?】

a78

使い勝手がどんどん進化する消費者金融のカードだからおすすめ!

消費者金融の融資サービスに申し込んで無事に審査を通過したら、借り入れ、返済という取引が始まります。

借り入れや返済は、消費者金融から発行されるカードで行なうのが一般的で、無人契約機や提携している銀行、コンビニエンスストアなど、利用できるATMが無数にあります。

取引は24時間、土日でも可能なので、クレジットカードの返済のようにうっかりして銀行口座にお金を入れ忘れる、なんて心配もありません。

金融会社の支払い遅延を起こすと、その会社の信用を落とすだけでなく、住宅ローンや車のローン、その他のカードローン審査に落ちる理由になってしまいます。

こうしたATMよりさらに便利なのは、インターネットバンキングです。

パソコン、携帯、スマートフォンから取引できるので、自宅にいながら、または外出先からすぐに借り入れや返済ができます。

消費者金融が提携している銀行のインターネットバンキングだったら、ATMのように手数料がかからないという点も魅力です。

家族や会社にバレないか心配・・・【銀行系がおすすめ?】

一昔前より、消費者金融のイメージは、だいぶよくなってきました。

しかし、銀行カードローンやクレジットカードの方がいまだにイメージはいいですし、家族や会社の同僚などにカードを見られたりはしないかなどと、色々と心配になる方もいると思います。

そんな方におすすめなのは、銀行系の会社が運営してる消費者金融の利用です。

たとえば、三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行が共同運営している「モビット」は、金利こそ他の消費者金融と変わらないものの、カードのデザインは銀行のカードと遜色ないので、人に見られても安心、自分が持っていても安心ですよ。

b5

消費者金融カードローン選びどうすれば?【おすすめの選び方とは?】

a79

申し込み、契約手続きの手間で選ぶのがおすすめ!

消費者金融のカードを最速で審査、発行してもらうには、無人契約機を利用するのが一番です。

無人契約機では、オペレーターが遠隔で申込書の記入などをサポートしてくれるので、カードローン審査に落ちる理由でもある「間違いのない書類作り」が確実に行えます。

しかし、最近は無人契約機の数が減ってきていますし、地方に行くとその数はさらに少なくなります。

その点、インターネット経由で申し込み手続きができる消費者金融を選べば、自宅から一歩も出ずに、パソコンや携帯電話、スマートフォンから短時間で申し込みができ、審査手続き、そして借り入れまでできてしまいます。

申し込み時には、消費者金融の審査担当者から電話で申し込み事項の確認が行われるのが一般的ですが、こうしたわずらわしさも一切省いたサービスを提供している会社もあり、こちらでもおすすめしてる「モビット」がそのひとつです。

b5

無利息期間のある会社を選ぶのもおすすめ

最近の消費者金融は、申し込みの手間を省力化したり、審査をスピードアップしたりするといったサービスだけでなく、無利息で借り入れができる期間を設定する会社が増えてきています。

たとえば、大手消費者金融のアコムでは、契約した翌日から30日間は借り入れ額のすべてが無利息となり、短期間で借り入れ、返済をしたい方にとっては非常にありがたいサービスとなっています。

こうした消費者金融のサービスを賢く利用すれば、最低限の利息で借り入れができ、快適なマネーライフが送れること間違いなしです!

公式ボタン

カードローンを選ぶならどっちがおすすめ?【銀行と消費者金融】

a80

3つの基準をクリアしたら、断然銀行カードローンがおすすめ!

結局、銀行カードローンと消費者金融カードローンではどちらがいいのでしょうか?

これは主婦の方にも言えることですが、銀行カードローンと消費者金融のカードローンを比べれば、金利の面で銀行カードローンのほうが断然お得なので、こちらを選びたいところですね。

銀行カードローンの審査は厳しいというのが常識ですが、審査に通っている人がいるのも事実。

カードローン審査に落ちる理由はいくつかありますが、審査を受けることで費用が掛かるワケではないので、次の3つに該当する方はまずは銀行カードローンに申し込んでみてはいかがでしょうか。

1.年収が高くて勤続年数が長い
2.他社からの借り入れ額が少ない
3.過去にクレジットカードなどで支払い遅延をしていない

もちろん、年収が低くても他社からの借り入れが少なければ返済能力はあると見なされるケースもあるので、3番に該当しない方でしたら誰にでもチャンスはあるでしょう。

急ぎの場合は、先に消費者金融から借り入れがおすすめ?

最近の銀行カードローンは、申し込み当日に審査をして結果まで出す「即日審査」に対応しており、少しでも早く融資をするサービスを提供しています。

しかし、審査から融資までのスピードは消費者金融のほうが断然早いです。したがって、少しでも早く手元にお金が欲しい方は、消費者金融に申し込むのがおすすめでしょう。

また、現時点で他社からの借り入れがほとんどなく、年収もそこそこあるという方でしたら、まずは消費者金融から借り入れをして、その後銀行カードローンに申し込んで借り換える、という手もあります。

無利息サービスを提供しているアコムなどを利用すれば、借り換えまでの利息が発生しないのもおすすめポイントです。

公式ボタン

 

銀行カードローンとクレジットキャッシングの違いは?

a81

クレジットカードの落とし穴?

あなたは、クレジットカードを何枚持っていますか?

とあるカード会社の調査によると、日本人の87%の人がクレジットカードを持っていて、平均保有枚数は3.5枚という結果が出ています。クレジットカードはショッピングのマストアイテムになっていますし、ポイントがたまるので何かと便利です。

しかし、クレジットカードの中には年会費がかかるものもありますし、キャッシングを利用した場合の利率が高いのがネックです。

クレジットカードのキャッシングは、ショッピングと同じ感覚で利用している方が多いので、金利の高さに気が付いていない方も多いようですが、たいていのカードは消費者金融と同じ金利になっているのが実状です。

これに対して銀行カードローンは、少額の利用でもクレジットカードのキャッシングの金利より3~4%低く、高額利用になるとその差はさらに開きます。

ですので、クレジットカードのキャッシング枠を利用するよりは、銀行カードローンで借りる方が金利が低くておすすめなのです。

クレジットカードのおまとめローンに注意!

クレジットカードのサービスで最近目立つのが、「おまとめローン」というものです。

これは、他社からの借り入れをまとめてクレジットカード会社のローンに一本化してくれるという、一見とても便利なサービスですが、実はよく確認してみると金利が非常に高いんです。

それだったら、同じ高額の借り入れをするのでも、クレジットカード会社より低金利で借り入れができる銀行のほうが、完済までの支払い利息の総額が数十万円単位で安くなります。

他社からの借り入れ額が多いと、銀行カードローン審査に落ちる理由にもなりますが、そこは審査をしてみないと分かりませんので、申し込みページで入力する借り入れの目的を「借り換え」にして、申し込みをしてみましょう。

公式ボタン

 

消費者金融カードローンとクレジットキャッシングの違いは?

a82

おすすめしない?実は使い勝手の悪いクレジットカード?

ショッピング感覚で手軽にキャッシングもできるのが、クレジットカードのメリットですね。

しかし、クレジットカードのキャッシングの金利は意外にも消費者金融とあまり変わりはなく、中には消費者金融のほうが低いというケースもあります。

さらに、消費者金融の場合は、数日間だけ借り入れをしてすぐに返済したいという状況でも、コンビニエンスストアや銀行などのATMで返済できるので無駄な利息が発生しません。

これに対してクレジットカードは、ショッピング利用分と一緒にキャッシング利用額の請求がくるので、カード会社が決めた返済日までの利息が発生してしまいます。

利用金額が多ければ、この消費者金融とクレジットカードの利息差は大きくなってしまうので、金融会社を選ぶときはこうした点も考えるべきでしょう。クレジットカードも消費者金融もカードローン審査に落ちる理由はほぼ同じなので、利息面を考えればどちらがよいか一目瞭然ですね。

実質的なサービスは消費者金融が上?

「クレジットカードのいいところは?」と聞かれて、「ポイントがたまる」と答える人は多いでしょう。

でも、ポイント以外のサービスに目を向けてみると、クレジットカードにはあまりお得になるサービスはありません。

これに対して消費者金融は、商品券やグルメ商品などに換えられるサービスはないものの、利息面でのさまざまなサービスがあります。

たとえば、借り入れをしてから30日間利息が一切かからないサービスや、取引期間が長くなると、利息の見直しをしてくれるサービスなどが挙げられます。

こうした利息に関するサービスはクレジットカードにはほとんどないので、クレジットカードはショッピング機能だけ利用し、キャッシングは消費者金融を利用するべきでしょう。

公式ボタン

 

カードローンおすすめまとめ

a83

いかがでしたか?

主婦の方におすすめのカードローンのことが少しお解かり頂けたのではないでしょうか?

主婦でも、しかも専業主婦の方でも借りられるカードローンがあるのですね。

兼業主婦の方におすすめのカードローンは…

主婦の方でも働きに出ている方がいらっしゃいますね。

パートやアルバイトなど収入の低い方は、審査があまり厳しくない消費者金融のカードローンがおすすめです!

また、消費者金融は審査もスピーディーなので、出来るだけ早く現金が必要と言う方にもおすすめになっています。

また、正社員などで比較的お給料が良い方は、消費者金融よりも金利が低い銀行カードローンがおすすめです。

ですが、アコムなどでは、初回利用の方のみ最大30日間金利0円で借りることができるキャンペーンをしていますのでので、初めて借りるという方ならアコムなどがおすすめでしょう!

借り入れ金額に関しては、「借り入れは年収の3分の1」と決められている総量規制により、年収が90万円なら30万円ほど、年収が60万円なら20万円ほどになるでしょう。

専業主婦の方におすすめのカードローンは…

専業主婦の方は、収入がありませんね。中には、在宅などでちょっとした副業をしている方がいるかもしれませんが、定職ではないのでダメみたいです…

なので、「借り入れは年収の3分の1」と決められている総量規制が適応され、消費者金融で融資を受けることが出来ません。

専業主婦の方におすすめのカードローンは、この総量規制に適応されない、銀行カードローンになります。

銀行カードローンでは、旦那の収入も夫婦共同のモノだと考えてくれるので、旦那の収入がしっかりあれば、銀行カードローンで借り入れすることが出来るのです。

しかし、いくら旦那の給料が高いといっても、やはり本人が借りるわけではありませんので、主婦の方が借りられる金額は、30万~50万ぐらいになるでしょう。

この様に、主婦の方は自分の年収によっておすすめのカードローンが変わってくるということです。

月収というのは、毎月変わらないのに支出というのは月によって結構変わってくるものですよね?

なので、カードローンを賢く利用すれば生活のやりくりがうまくいくようになると思いますよ!

アコム
アコムデータ
公式ボタン

 

【シュフカリ】専業主婦カードローン審査まとめ−即日借入OK! > カードローン > カードローンおすすめ銀行は?主婦審査通る!【スマホ即日】

関連記事

  1. 消費者金融即日融資土日OK?【主婦審査甘いおすすめどこ?】
  2. 銀行カードローン低金利おすすめは?【主婦即日審査OK?】
  3. 銀行カードローン即日融資は?審査甘い銀行【主婦おすすめは?】
  4. フリーローン即日銀行は?主婦審査OK!【審査甘いのは?】
  5. キャッシングおすすめカードは?主婦即日融資!【審査甘い?】
  6. カードローン即日審査甘いのは?専業主婦も通る!【おすすめ】
  7. キャッシング審査甘いのは?専業主婦借りれる?【即日おすすめ】
  8. キャッシング即日審査甘いのは?土日OK!【主婦通りやすい?】
  9. 教育ローン即日融資できる?主婦審査通る?【金利最安銀行】
  10. 銀行カードローン審査甘いランキング!【専業主婦即日振込】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)